禁煙

喫煙者健康管理を考える場合、まず実践すべきは“禁煙”ですね。

喫煙による健康被害といえば大抵の人は“肺がん”を連想されるでしょう。実際、喫煙者の場合は非喫煙者に比べ、2~4倍肺がんになる危険性が高いといわれいるのは事実です。

また、喫煙が及ぼす健康被害は、肺がんだけはありません。喫煙は喉頭がん食道がん膀胱がんにかかる可能性も高くなるといわれてます。喫煙は「がん」だけにとどまらず、心筋梗塞のリスクも高める事がよく知られています。

タバコ健康維持に不可欠なビタミンCを大量に破壊してしまうのです。タバコたったの1本で、25ミリグラムものビタミンC破壊されます。これは一日の所要量の驚くことに4分の1にもなるんですよ。

このようなことから世界的に、禁煙運動が異常な盛り上がりを見せているのはご存知のこですよね。

 

副流煙

ところで、禁煙によって守られるのは、タバコを吸う本人の健康だけではありません。タバコの先からは、煙が立ち上っていますよね。これは“副流煙”と呼ばれるものです。

この副流煙による受動喫煙は、健康被害に非常重大な影響を及ぼすといわれています。

最も副流煙の被害に遭いやすいのが、同居している家族ですよ。副流煙は、タバコを吸う人が吸い込む煙(主流煙といいます)とは成分自体が異なっていて、主流煙よりもかなり大量な発がん物質(数倍から数十倍)を含んでいるという事実があります!

副流煙を吸い込むのが、赤ちゃんや小さな子供であればあるほど健康に与える害はより深刻なものになります。しかも、タバコの煙は、子供の脳の正常な発育を非常に妨げる存在であるといわれています。

禁煙より、タバコを吸う本人の健康が守られるのは当たり前でいいことではありますが、なによりも大事な家族の健康も守られるのです。

© 2021 健康 rss