禁煙に向けての取り組み

禁煙に向けての取り組みが様々なところで進められていますよね。これも健康に対する意識の高まりによるものですね。

JR私鉄とも、普通列車は、ほぼ全車両が禁煙となっているのは周知のとおり、新幹線特急なども禁煙車の割合が増加しておりますよね。

タクシーにおいては、「禁煙タクシー」が登場し、その台数も増えてきてます。ただ、禁煙タクシーの場合は、喫煙の意思表示をした際、なかなか断わりにくいという特殊なものでもあります。喫煙を行なってしまった後は、タバコ臭健康によくない物質が残ることから、実際完全な禁煙タクシーではない! との怒りにも近い声もずいぶん出ているのが現状です。

航空機においては、現在は日本航空、全日空が国内便・国際便ともに全席禁煙となっていますね。

 

タバコ自体にも健康警告表示

学校や官公庁、病院などの公共施設では、禁煙分煙に向けての取り組みが進められており、また、主要な道路を歩行喫煙禁止にする条例も存在するなど積極的に本当に取り組んでますね。歩行喫煙禁止などは、千代田区をはじめとして、実際に多くの自治体で施行済み。

タバコ自体にも「未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます」、「たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします」などの健康警告表示法令によって義務づけられていますよね。

この表記ってメーカー側での配慮ではなく法令によるものだと知ってました?

© 2021 健康 rss