健康管理と運動

健康管理においては、運動は非常に重要な要素の一つ。しかし、移動手段に大抵は車を頼りにし、建物の中でもエレベーターを当たり前のように使用することが多い現代・・・。

必然的に日常での運動量激減していますよね。まさに、これこそが生活習慣病を増加させる要因となってきていますね。

運動不足になれば筋力の量は低下し、これにより体脂肪が増加します。この体脂肪は、必ずしも“肥満”という目に見える形で蓄えられているとは限らないので怖い一面もあります。それが内臓脂肪といった形で蓄積されていくことになりますね。一見スリムでスマートに見えて内臓脂肪を大量に抱え込んでしまっている人は思ったよりも多いのです。

それゆえ、この内臓脂肪が、“健康管理盲点”と言われています。

内臓脂肪の増加により、動脈硬化糖尿病血栓症高血圧症の促進につながり放置すれば健康脅かす非常に怖い存在に。

 

運動不足は体力の衰えを招く

また、運動不足体力衰えを招き、心肺機能も著しく低下させてしまう結果になります。
これにより疲れやすく疲労回復速度も遅くなるということが起こります。

適度運動習慣をつける事により、健康管理に励んでいきましょう。

© 2021 健康 rss