生活習慣病予防の内臓脂肪ダイエット

ダイエットを”痩せる”為ではなく、”健康”の為にやる人が近年、増えてきている。肥満生活習慣病の原因の一つとされているからでもありますね。でも、ダイエットをしスリムになったとしても、安心できるかと言えばそうではありませんよ。

なぜなら、皮下脂肪が落ちてだけの「スリム」では、内臓脂肪が溜まったままの場合があるから・・・・。皮下脂肪とは読んで字のごとく、皮膚の下の脂肪層に溜まる脂肪です。世間一般にダイエットとしてのターゲットは、この皮下脂肪を指すます。


内臓脂肪とは内臓まわりに溜まる脂肪です。外見からはその存在が判明しづらい内装脂肪は、皮下脂肪と違いスリムな人でも、内臓まわりにベットリ脂肪が付いていたりします。そして、生活習慣病と関係が深いとされるのは、皮下脂肪ではなく、内臓脂肪の方です。

では、“内臓脂肪ダイエット”は、どのようすればいいのでしょう?

実は、内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ燃焼させやすいのです!だからといって、腹筋などを精力的に行なっても、筋肉は付くのですが(笑)、内臓脂肪は、あまり落ちません

内臓脂肪ダイエットに、効果が高いのは”有酸素運動”になります。有酸素運動とは、酸素を効率的に使いながら、体脂肪燃焼させる運動をいいます。ウオーキングジョギング水泳などが代表的ですね。

食事においては、普通のダイエットと何ら変わらず、カロリーを抑えつつ、同時に必要なビタミンミネラルタンパク質は、しっかり摂取するようにせねばなりません。

© 2021 ダイエット rss