コンピューターセキュリティ、何を守る?

コンピューターセキュリティと、よく言われますね。でも、何が危なくて、何を守ればいいのかよく分からない人もいるでしょう。

インターネットで、ニュースやブログを閲覧してみたり、買い物チャット、アイドルの画像などを集めてみたりと、小学生から老齢者にいたるまで、特に20代前後の若者では、パソコンを使う人は1日2時間以上モニターに向かっている事も多いようそうです。

全然、危ない事などしてないので、自分は大丈夫だよ!と、思っていたら大間違いですよ。実は、インターネット接続されていれば、その間は、ずっと、アナタコンピューター危険に晒されるていると思ってもいいのです。

サイトにログインする際のIDパスワード、買い物をする時のクレジットカード情報資料請求をしたら入力時住所氏名などなど。

あと、検索したキーワード、共有を設定していたとすれば、自分のパソコンの大切なデータ・・・挙げればキリがありません。ブラウザを開いていて、操作した情報など仕組みが分かる人が見たら、全部丸見えなのです。

コンピューターに対するセキュリティ意識だけではなく、チャットなどで仲良くなった友達に、本名、学校名、よく遊びに行く場所などを気軽に話してしまう事などにも十分注意が必要。相手は、情報を聞き出したいが為だけに、本当は友達のフリをしているかも知れないんです。そんな悪意のある人に個人情報が流れたら、プライバシー侵害だけでは済まなくなるでしょう。損害を被ったり、悪用されたり、ストーカーのようにつきまとわれる可能性も十分に考えられます。

コンピューターセキュリティを、しっかりと理解し安全な生活を守ってくださいね。

© 2021 コンピューター rss