香水の付け方

香水のビンを開けたとたんの、かぐわしい香りは誰もがトキメきますよね。でも、香水付け方一つで、すばらしい匂いが変わってしまいます。

に付ける時は、汗ばんでいない、シャワーから出たての時などのお肌キレイな時付けましょう。そうしないと香水は、汗の匂いと混ざってしまうからです。よく、「フランス人はお風呂に入らないから香水を付ける」と、いわれますが、こんな状態で付けても意味はありません。清潔な状態で付けてくださいね。

付け方タイミングは、香水香らせたい20分~30分前ベストです。トップノートより、ミドルノートが香るくらいの時間に合わせた方が、いっそうよいとのことですよ。


量はどのくらい付けたらよいの?

付け方のポイント。

* パルファン(香水)は、
* オー・ド・パルファンは、
* オー・デ・コロンは、

といった感じで、お肌湿らせる程度に付けるとよいとされています。強くこすり付けたりしないようにしてください。


香水付け方NGなのは、ワキの下などの汗をかきやすい場所は絶対に避けてくださいね。

体温の高いところ、大きな血管のあるところは、本来の香りになるといいますね。ひじの内側などは、体温が高く、とても良い感じで揮発するんですよ。

体温の低い「耳たぶ」は、実はあまり効果がありません。が、耳の後ろや、首筋に付けるのは効果的


匂いが、まろやかに感じるの香水の付け方

足首
ひざの裏
他は、上記以外の下半身に付ける

こうすると香りが下から上に蒸発し、まろやかになりますよ。


お肌に「じか」に付ける場合注意点は、直射日光で、シミにならないようにしましょう。空中噴霧して軽く浴びる、というテクニックもいいですね。

香水の付け方は、あくまでも上品に!ほんのり、するくらいがいいのです。付けすぎは、逆効果に・・・。その時の温度や湿度、お肌の質や年齢、付ける場所によって変わって来ますので、いろいろ研究して調節してみてくださいね。オフィス、デート、バカンス、ディナー、くつろぎの時間など、TPOに応じて付け方も工夫して使用したいものです。

© 2021 香水 rss