アジア家具(アジアン家具)の特長

アジア家具は、インドネシアバリ島)の製品が有名ですね。でも、中国インドタイベトナムを中心とした東南アジア諸国などで作られた、リゾートテイストあふれる家具全般を指すんですね。

癒し」ブームに乗ったことや価格も比較的安価な為、日本でも急速に広まったのは記憶に新しいと思います。エステを中心に、スパなどでもインテリアとしても大活躍していますよね。

アジア家具の素材としては、バンブー)、ラタン)、マホガニーチークなどが主流です。ダークブラウン系のトーンが多いですね。

細部まで丁寧に作り込まれた北欧家具などと比べると、アジアン家具は、そのまま素材の持ち味が、ストレート出ているのが特長です。日本でも古くから用いられている、が素材なので、アジア家具は、もちろん和室にもよくマッチしますよ。素材の「ぬくもり」、そこはかとなく漂うリゾート感覚が何ともいえない魅力ですねー。

もう一つの特長が、高温多湿の熱帯・亜熱帯気候なため、風通しよい構造となっています。また、このことにより、ゆったりとしたリラクゼーション空間演出に一役かってます。

© 2021 家具 rss