Add to Google Subscribe with livedoor Reader

健康茶

健康茶とは?


健康茶”は、茶の中でも、ちょっと前にブームがありましたね。


健康茶とは、ウコン、ゲンノショウコ、ドクダミ、ハトムギなどの様々な植物を
煮出したお茶を指すんですね。


慣用的に「〜茶」と、表記され呼ばれてはいるのですが、厳密に言ってしまうば健康茶は、
「お茶」では無い。 お茶の木、以外の植物を原料としたものは「お茶」では無いのです。


しかし、一般の緑茶では摂る事が出来ない、いろいろな効用を健康茶は持っているのです。


例としてあげれば、「ドクダミ茶」。
これには、高血圧、便秘、吹き出物など。

ハトムギ茶」。
皮膚に非常にいいので美容にもいい

ゲンノショウコ茶」。
整腸、下痢止めに。

といったような効果が期待できるといわれていますね。


健康茶は、コンビニやスーパー、ドラッグストア、100円ショップなどでも売られています。
安価なものなので気軽に試せるのもいいですね。

● 屁理屈無し 社長のための時間の使い方

● 焼き鳥食べ放題があったら最高

● 松星あき あき色に染めて。

お茶の効果

お茶の効果


は、日本人なら本来、毎日、口にしているはずの飲み物。

お茶の効果に、今、熱い注目が集まっているのをご存知ですか?


お茶の効果の筆頭にくるのが、「ガンの予防」ですね。

これには、に含まれるカテキンが、発ガン作用の抑制に効果があるといわれている為ですね。 
実際、茶の名産地の静岡県では、おもしろいことに胃ガンの発生率が低いとのことですよ。


お茶の効果で、話題になっているのが、「デトックス効果(解毒)
これも、実は、カテキン成分による効果。

は、もともと薬用として用いられいたのです。 だから抗菌効果などもあるんですね。


お茶の効果として身近な例では、口臭予防。これはフラノボイドによるものですね。
それと、フッ素による虫歯予防


また、に含まれるビタミンEは、老化防止作用もあるそうです。


お茶は、いろいろな病気予防に効果が期待できる総合的な健康飲料ということが言えますね。

茶の効用を活用し、健康な体を維持しましょう。

● 憂いの夜には

● こばやしまり

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方


茶を美味しく飲みたい! 誰しもそう思いますよね。

そんなアナタにお勧めな美味しいお茶の入れ方をご紹介!


まずは、水選び

には、ミネラル・ウォーター(軟水)を使う方がいいでしょう。
もちろん、日本の水道水も軟水なのでそのままでもいいのですが、使う場合には、
浄水器など通し水を沸騰させ、カルキ抜きが出来ればベストですね。


そして、ポットと人数分の湯飲みを用意。

美味しいお茶の入れ方のカギの一つでもあり重要なのは、「お湯の温度」にある、
と言っても過言ではない。 高級な茶であればあるほど、低温で入れると良い、
といわれておりますね。


次に、茶を入れる際には、ポットから直接、急須に熱湯を注ぐのは止めましょう
まずは、人数分の湯飲みにお湯を8分目ほど入れます
それから、80度前後になるまで冷ます事が大事です。


お茶の葉を入れた急須に、冷ましたお湯を戻します。
1分〜2分ほど煮だしたら完成です。

の濃さと量が同じ程度になるよう、少しずつ人数分の湯飲みに注いでください。

以上、美味しいお茶の入れ方を覚え、の持ち味を十分に引き出しながら味わってみてね。

● へもへもな日記

● コンシェルジュ 21

茶道

茶道とは?


茶の道の芸術とくれば、もちろん、茶道ですよね。


茶道は、茶の湯とも言われておりますね。
亭主と客人が集まって行う茶会を中心にした、日本独特の生活文化です。


これは、単にを入れて飲む、だけではありません。
精神性を重視した、総合芸術と言ってもいいものでしょう。


日本一の「もてなし料理」といわれている「懐石料理」や、茶によく合う和菓子も、
もとを辿れば茶道にルーツがあるのですよ。


茶道には、作法や約束事が、こと細かく決められています。 これらが原因(?)で、
とかく堅苦しく見られていますよね。

でも実際は、五感を十分に働かせてお客を「おもてなし」をする、たいへん風情ある日本文化なのです。


茶道の様式は、千利休が「侘茶」として完成させました。
そして、表千家裏千家などの多数の流派に分かれ、現在に至っている。

● うぃずあうとこんびくしょん

● デオシート レギュラ- 96枚

お茶の種類

お茶の種類


には、多種多様なものがありますよね。


日本人に、馴染みの深い緑茶だけがお茶ではありません。
中国茶、紅茶、など、この広い世界では本当に様々なお茶が栽培されいて、
また、飲まれてもいるのです。


お茶の種類には、かなり大きな枠で大別してしまうと、「食べるお茶」と「飲むお茶」に分かれます。


食用の茶には、抹茶など割りと分かりやすいでしょう。


一方、飲む方のお茶の種類は製造方法の違いにより、3つに大別される。


1. 茶の葉を発酵させる

  紅茶などがこれにあたる。


2. 茶の葉を発酵させない

  緑茶の玉露、煎茶、番茶などになりますね。


3. 茶の葉を蒸し、カビや乳酸菌などで発酵させる。1と2の中間型。

  ウーロン茶、プーアル茶、黒茶などが、ズバリこれです。


お茶の種類により、茶の味も効用も全然違いますので、自分の好みを重視して
目的に合った「」をチョイスすべきでしょう。

● ありがと黒やん

● 息もできない

「茶」のコメントについて

「茶」に関するコメントは現在募集しておりません。

「茶」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは現在受け付けておりません。

「茶」

スポンサードリンク

知識王への道 無知と戦う知識王!Topへ