My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

液晶、プラズマの違い

液晶、プラズマの違い


テレビは、現在市販され、流通しているのは、液晶プラズマというような薄型が主流ですね。
国内メーカーは、従来あったブラウン管テレビの製造は既に打ち切り済。


液晶、プラズマの主な違いは・・・・

液晶テレビ
文字通り液晶パネル(LCD)を採用のテレビ。
当初、ポータブルな小型のみが出回っていましたね。
近年、技術の向上により、大画面ものも販売されるようになった。


プラズマテレビ
PDP(プラズマ・ディスプレイ・パネル)を採用のテレビ。
こちらは、大画面に非常に適している。
当初、かなり高価格であった為、業務用での使用がメインだった。
低価格化が実現してきたので、家庭用としての大型テレビとしても需要が高まってきていますね。

アナログ受信とデジタル受信

アナログ受信とデジタル受信


テレビの受信方法には、2種類で、アナログ受信デジタル受信


アナログ受信もデジタル受信も、電気信号化された映像を、電波やケーブルから
受けて視聴します。 この点は共通です。

アナログ受信の場合は、アナログ変調方式
デジタル受信の場合は、デジタル変調方式

この2つの変調方式で、変換・伝送された映像を受信する事となる。


地上アナログテレビジョン放送は、2011年7月24日をもちまして、全国一斉に停波される予定

アナログ受信のみに対応の従来のテレビでは、その後は一切のテレビ放送が見られなくなります。
デジタル受信に対応したテレビへの買い替えか、追加の装備が必要になってきます。

「テレビ」のコメントについて

「テレビ」に関するコメントは現在募集しておりません。

「テレビ」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは現在受け付けておりません。

「テレビ」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「知識王への道 無知と戦う知識王!」に関連するサイトでしたらOKです。