My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

かんぽの宿

かんぽの宿とは


かんぽの宿とは、郵便局の簡易保険に加入している人向けの、
福祉施設として建てられた宿ですね。


かんぽの宿は、簡易保険=かんぽ に加入していない人でも、一泊4千円程度から
利用する事が可能なんですよ、知ってました? とってもお得ですよね。


かんぽ に加入している場合は、利用の3ヶ月前から宿の利用申し込みが可能。
加入していない場合は、1週間前からになり優先度も当然低いです。


簡易保険の加入者が、心身の保養を目的とする宿ですので、大浴場や付属設備は
充実してます。 また、バリアフリーも万全なケースが大半です。
誰でも安心して利用できますよね。

その土地の食べ物が、味わえるところもありますので、行った際には楽しみにしてくださいね。


かんぽの宿は、バブル時代に建てた豪華な施設が多いもの特長です。


空気のいいところが多いので、スポーツなどを楽しんだり、のんびり温泉に入ったりしても
格安なので、財布にも体に本当に、良さそう!

公共施設ホテルの使い方

公共施設ホテルの使い方


公共施設のホテルを使うのであれば、安くていいホテルは、すぐに満室になります。
通常のホテル予約などより、早め早めの計画と予約を心がけてください。

会員の場合は、会員証など証明書の提示を求められますので、必要なら準備しておくのを
忘れないこと。


公共施設のホテルでは、インターネットの環境が不十分な場所が多い
予約や問い合わせは、電話が早くて確実!

昼食や夕食の準備など、忙しい時間を避けて、問い合わせをするのもテクニックですよ。 
丁寧な応対をしてくれたりもしますので。


民間のホテルと同じように、公共のホテルでもタオルや歯磨き、寝具などの
アメニティーグッズは、基本的にあるはずです。 稀に、無いホテルもありましたが・・・・

食事については、期待するのは禁物。 事前情報が無いなら期待しないこと。

「これはあまりにも・・・」と、いうものに当たったりもしますね・・・


門限や付属施設の規則が、あったりしますのでマナーを守り利用してください。

人気ホテル(温泉編)

人気ホテル(温泉編)


人気のホテルと聞けば、立地条件やサービスも最高! 大自然の中でゆったり! 
当然、くつろげて心も体もリフレッシュ! というイメージが湧いてきませんか?


同じような料金を払うなら、最高のホテルに泊まりたい!と、人気ホテルの人気は益々、
高まっていますね。


最近は、温泉のある宿の人気が非常に高い。 ホテルの接客サービスは当然ながら、
景観の素晴らしさ、温泉の質のよさ、地域の食材を生かした、おいしい料理などが
高い評価を得ている。


雑誌や大手トラベルサイトでも、多数の人気ホテルが特集されているのでチェックしてみてください。


温泉の場合は、

かけ流しで入浴時間の制限が無い露天風呂

無料での貸しきり

といったサービスが充実しているところがいいですね。

人気ホテルは、駅からも近く、観光の拠点にもいいし、絶景なども楽しめて、それでいて
値段も安い!となれば、上位にランキングされていますね。


また、人気ホテルは、トラベルサイトの口コミ掲示板も参考になりますよ


まだ誰にも気づかれてない、隠れ人気ホテルを探してみるのもおもしろいですよ。

公共施設のホテル

公共施設のホテルとは


公共施設のホテルとは、公的機関公共団体共済組合などが運営をしている宿泊施設ですね。


公共施設なので、民間のものより、サービスは遥かに簡素。
というよりは、期待してはいけませんよ。 結構、ボロくてホテルとは到底、呼べない宿の
場合もあるから・・・・


公共施設のホテルは、基本的に誰でも利用可能

会員制で料金に差があったり、ピーク時には利用不可のケースもあります。
施設へ直接確認しておきましょうね。

料金は、民間の同レベルのホテルより20%〜30%程度、安いのが一般的。


公共施設のホテルの質を見極めるコツは、公共施設のホームページがあれば写真や内容、
更新頻度から参考にはなるでしょう。

最近建てられたようなデザインであったり、営業意欲が見えたりすれば、ある程度の質は
期待がもてるかも知れません。


ホテルを予約する際は、インターネット用に特別な割引がある場合もあるので、一応、
ホームページを確認してみよう。

会員と一般で料金が違う場合、入会費と合わせ、お得な方をチョイスできますので
ちょっと検討してみるのもいいでしょう。

クレジットカード支払いが、出来ない公共施設のホテルも存在します。事前の確認は必須です。

ビジネスホテルの選び方

ビジネスホテルの選び方


ビジネスホテルには、実に様々なタイプがある。


ビジネスホテルのチェーン店として全国展開しているのもあったりしてますね。
でも、極端に格安な場合は、男性ビジネスマンの利用が多い為であったりもしますので
女性が単身で利用する場合は、注意してください。


インターネットが出来る部屋、禁煙専用部屋など、もちろんあります。
通常の部屋と料金が変わらないケースが多いので、予約時には、絶対にビジネスホテル側に
確認しておきましょう。


ビジネスホテルを予約する場合、近年、インターネットで割安な料金を設定している
ビジネスホテルも多いですね。 大手予約サイト経由で、申し込めばポイントも加算され、
2度おいしいですよ。


インターネット用の割安な料金設定が、されているビジネスホテルであれば、
時間がない時には、電話で問い合わせしてみて、その割安な料金で泊まれるかどうか
交渉してみるのもありです。


長期滞在や同じ会社から多くの人が出張の際、利用しているときには、ビジネスホテルとの
交渉にもよるが、料金の割引や、いい部屋を割り当ててくれるなど優遇してくれるケースもある。

個人でも、会社単位でも優遇されている、という話はよく聞きますので、利用頻度の高い場合は
是非とも交渉してみてくださいね。

人気ホテル(海外編)

人気ホテル(海外編)


海外の人気ホテルは、観光の名所に滞在する拠点とし、最適な立地にありながらも
閑静なところが多いですね。 接客サービスは、もちろんの事、日本語での対応も
充実しているホテルが、やはり上位にランキングされている。


ある超有名な人気ホテルでは、エレベーターボーイが乗り込んで来たお客の顔を見ただけで、
目的の階のボタンを押す!とまで言われていますね。 そのくらいサービスに徹底して
いるので「お客様のことは何でも分かる」といいたいのでしょう。

しかし、タネは簡単。 全ての宿泊客の顔を覚えておけばいいのです。
きめ細やかなサービスを提供するには、それなりの頭の良さと数倍の努力が必要なのです。


人気ホテルの海外ランキングでは、温かな接客、という言葉をよく耳にします。


せわしい日常を離れ、異国の文化に浸る時、まるで自宅にいるかのような親身で
細やかなサービスは、心にしみますよね。


人気ホテルは、予約が取りにくい。当たり前といえば当たり前。
事業の拡大より、接客の充実を優先しているこそ、高い顧客満足が得られるのでしょう。

ビジネスホテル

ビジネスホテルとは?


ビジネスホテルとは、主にビジネスマンなどが出張の際などに利用する、
寝る部屋を安く提供するところですね。


ビジネスホテルには、スポーツジム、宴会場、プール、娯楽施設など、観光のような要素には、
期待してはいけません。 部屋の防音、広さ、ベッドや調度品なども質素な作りが大半です。


ビジネスホテルは、当然ながらビジネスマンでなくても誰でも利用可能です。

値段の目安として、7千円前後ならビジネスホテル
1万円以上なら、シティホテル。 これには各種施設が整った部屋などで、期待できると
いうデータもあるくらいです。


出張などで、ビジネスホテルを使う場合は、駅や繁華街の近く、出張先の近くなどの
立地条件に合う、安いものを選べば通勤に便利で、出張費も安くあげられそうですね。

「ホテル」のコメントについて

「ホテル」に関するコメントは現在募集しておりません。

「ホテル」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは現在受け付けておりません。

「ホテル」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「知識王への道 無知と戦う知識王!」に関連するサイトでしたらOKです。