My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

一人暮しのインテリア術?

一人暮しのインテリア術?


一人暮しの(特に新生活の)スタートには欠かせない重要アイテムとは?

それは・・・・家具、家電製品などのインテリア用品をはじめ、自炊する方には
無くてならない(当たり前か・・・)キッチン用品になります。


人暮しの部屋では、6畳ワンルームというのが我が日本では、代表的な間取りの
一つですよね(残念なことですが)。 ベッド、テーブル、イス、机を置ければいい方です。 
そして、いっぱいいっぱい・・・というのが実情。


だからこそ、しっかりと部屋のレイアウト、インテリアの統一イメージを決め、家具や家電、
ひいては、カーテンなどを購入をしたいところ。


毎年毎年、年度の変わり目には、家電メーカーをはじめ、インテリア専門店など、
一人暮し応援フェア」を開催しているものです。


家具や家電の機能、それと値段のバランスを考慮しつつ、自分に合った優先順位を決め購入しよう。


一人暮しの部屋では、ホッとリラックスできる自分だけの城です。
お気に入りの品に囲まれた快適な生活にしていきたいものですね。

アジア家具(アジアン家具)

アジア家具(アジアン家具)の特長


アジア家具は、インドネシア(バリ島)の製品が有名ですね。

でも、中国、インド、タイ、ベトナムを中心とした東南アジア諸国などで作られた、
リゾートテイストあふれる家具全般を指すんですね。


「癒し」ブームに乗ったことや価格も比較的安価な為、日本でも急速に広まったのは
記憶に新しいと思います。


エステを中心に、スパなどでもインテリアとしても大活躍していますよね。


アジア家具素材としては、バンブー(竹)、ラタン(籐)、マホガニー、チークなどが主流です。
ダークブラウン系のトーンが多いですね。


細部まで丁寧に作り込まれた北欧家具などと比べると、アジアン家具は、そのままの
素材の持ち味が、ストレート出ているのが特長です。


日本でも古くから用いられている、竹や籐が素材なので、アジア家具は、
もちろん和室にもよくマッチしますよ。
素材の「ぬくもり」、そこはかとなく漂うリゾート感覚が何ともいえない魅力ですねー。


もう一つの特長が、高温多湿の熱帯・亜熱帯気候なため、風通しのよい構造となっています。
また、このことにより、ゆったりとしたリラクゼーション空間の演出に一役かってます。

北欧家具

北欧家具の特長


北欧家具とは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンなどの北ヨーロッパ産で木の質感を
存分に生かした家具をいいます。

デンマークのブランドは、特に有名ですね。

特長としては、シンプルでありながら機能面にも優れたデザイン、そして、北欧諸国の
豊かな森林資源を活かした天然木の「ぬくもり」が感じられる素材。

曲げ木」などの加工技術を駆使し、曲線的で美しいデザインの家具も多数存在し、
長く厳しい北欧の冬を快適に過ごせる為の工夫も随所に見ることができる。

なんといっても北欧家具の天然木は、耐久性も抜群です。

丁寧に良い素材で作られた北欧家具を使えば、安い家具をいくつも買い直す場合よりも
結果的にお得なんですよ。

北欧家具は、和風インテリアにもよく合い、また、日本人の感性にもマッチします。 
他の家具とのコーディネートがしやすい!との評判もあり、ますます人気が
高まっている家具です。

家具選び

家具選びのポイント


家具と、一言で言っても・・・ダイニングルームのテーブル、イスから、リビングルームのソファ、
タンス、書棚、キャビネット、クローゼットなどの収納家具、ベッドなどなど実に様々。


家具専門店のショールームに行けば、数多くの家具がところ狭しと並んでいますよね。 
通販カタログやネットショップでも、魅力的で素晴らしい商品もよく見かけますよね。


でも、気に入った家具を単品づつ、何となく買っただけでは統一感のある素敵な
インテリアには成り得ませんね。

家具選びのポイントは、「どのようなインテリアにしたいか」これに尽きます。 そして、
全体的なコンセプト(色のトーンや素材の統一など)をしっかりと決めてから、個々の家具を選ぶ。 
常に統一基準を念頭においてくださいね。

もちろん、プロのコーディネーターさんに相談するのもいいですよ。


部屋と家具のサイズとのバランスと、予算などもしっかりときちんと考えておきましょうね。


家具店のショールームなどで、美しい照明の下で見栄えがする家具を買ってみたら、

部屋の雰囲気に合わなかった・・・
大きすぎた・・・
最悪なことに玄関のドアから入らなかった・・・・

などが起こるかも知れませんからね。


家具の機能面(必要とされる構造的な仕様)
デザイン面(好みの色や形・素材)

上記2つを是非ともよく検討してください。


家具は長く使うもの。
決して衝動買いなどして後悔してしまう事のないようにね!

「家具」のコメントについて

「家具」に関するコメントは現在募集しておりません。

「家具」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは現在受け付けておりません。

「家具」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「知識王への道 無知と戦う知識王!」に関連するサイトでしたらOKです。