My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

大人のぬり絵

大人のぬり絵とは


大人のぬり絵」という言葉を聞いたことはありませんか?
意外と最近はよく聞く言葉ではあるのですけど・・・

の中でも、「ぬり絵」は、大半の人が幼稚園で、あるいは幼稚園に入園前には
経験した事があるのでは?

「セイカ」などの文具メーカーからは、昔から子供向けに、アニメや特撮などのキャラクターを
中心とした「ぬり絵」が各種発売されているんですね。 
現在も、子供の遊びの定番の一つとして親しまれている。

大人のぬり絵は、このような子供向けの「ぬり絵」と何が違うのか?
 
大人のぬり絵の大きな違いは、「色をぬる」為のが全然違う。
大人のぬり絵では、世界の名画、風景画、果ては・・・マンダラやステンドグラスに至るまで、
芸術性を追求した絵が大半です。

当然ながら、大人のぬり絵では、色をぬった後は、とても美しく素晴らしい一枚の芸術作品の
出来上がりになりますよ。

そう、今、「大人のぬり絵」は密かなブームです。

デッサン力

デッサン力について


絵の描き方は人により違い、実に様々。 それは当然ですよね。
これといった決まった方法などは無いのですから。
どのような絵を描くにせよ、「デッサン力」は非常に強力な味方になる。

多くの「絵の描き方」を本格的に勉強する人は、デッサンからスタートします。


デッサンとは、対象物の形状と明暗を1色の線で描いた状態を指す。

デッサン力」の方は、「対象物の形状と明暗を、正確に観察し表現する能力」である。


絵の描き方を学ぶ際、最初にしっかりとした「デッサン力」を身につけておけば、その後、
いろいろな絵が描きたくなった場合でも、そのモデルさえあればよいだけです。
自分の思うがままに描く事が出来るからです。

絵を描くにあたり「デッサン力」が、必ずしも必要ではないのですが、自分の絵の
表現の幅を広げたい!」と思っている人は積極的にデッサンをする方が良い

絵の描き方

絵の描き方


絵の描き方には、特に決まった形式はありません。 基本は好きなように描けばいいのです。
しかし、「絵が上手になりたい!」と思っている人は案外多い。
自分に合った絵の描き方が、なかなか見つからない人や分からない人は、以下を
試してみてはどうでしょう?


1. たくさんの人の絵(芸術作品からイラスト、マンガ、アニメに至るまで)を見て、自分が
  描きたい絵のイメージやジャンルを明確にしてみる

2. 自分が描きたい絵のジャンルに応じた絵の描き方の本を読む

3. 「絵画教室」や「通信講座」などを利用する


絵を本格的に学びたい人は、美大芸大専門学校などに行ってみるのもいいでしょうね。
本当に専門な場ですからね。

「絵を、ガムシャラに多く描けば、自分に合った絵の描き方が分かり、上達するのではないか?」と、
大部分の人は考えがちです。 でも、絵の描き方には「ポイント」というものが確かに存在します。

人や本から絵の描き方のポイントを、前もって学んだ状態で、たくさん絵は描くべきです。
この方が上達のスピードは全然違いますよ。

騙し絵の楽しみ方

騙し絵の楽しみ方


の中には見る人に錯覚を起こさせる「騙し絵」というものがある。
描いた人は、もちろん騙し絵で、その効果を狙って描いている訳です。

騙し絵の中には、あらかじめ「騙し絵です」だと教えられても、どのように見えれば正解なのか、
何が描かれているのか、パッと見では分からないのもたくさんありますよね。

そんな騙し絵を見て、どのような見え方が正しいのかを「ああじゃないか、こうじゃないか」と
考えるのも楽しいもの。近年、このような騙し絵を展示するWEBサイトもたくさん出てきましたね。

騙し絵の楽しみ方は、見るだけでは、もったいないです。自分で騙し絵を描いみてはいかがでしょう? 人に見せるってことは楽しいものですよ。

原理を知れば騙し絵は、ほとんどの人にでも描けてしまうものなのです。
興味のある方は、オリジナルの騙し絵を描いて、周囲の人の反応を楽しんでみてくださいね。

騙し絵

騙し絵とは


の中には「騙し絵」と呼ばれているものが存在する。
騙し絵とは、フランス語での「トロンプ・ルイユ(目だまし)」の和訳。
シュルレアリスムでよく使われた絵画手法。

騙し絵は、見る人にいろいろな錯覚を起こさせる。 以下が、騙し絵の代表的なもの。


・1つの描かれている対象物が、2つの異なったモノに見える作品

・現実では存在し得ない構造の建築物などを描いた作品

・面積や長さなどに対して、見る人に錯覚を起こさせる作品

・果物や野菜などを複数寄せ集めて人間の形などに模した作品
 (「寄せ絵」「はめ絵」などとも呼ばれていますね)


有名な騙し絵は、アルチンボルドやエッシャー、日本で言えば、歌川国芳などの作品が
よく知られておりますね。

騙し絵は単に、技術的に優れているだけではありません。 「騙される」という楽しみが
そこにはあるのです。
その証拠にファンも多く、騙し絵だけを寄せ集めた画集も多数、存在している。

ちぎり絵の楽しさ

ちぎり絵の楽しさ


ちぎり絵は、のびのびとした子供の作品もいいもの。
ですが、和紙を使った「大人が作る、ちぎり絵」の美しさは、何ともいえないものがあります。

和紙は、ちぎった時に毛羽が立つので、それが絵に独特の風合いを添えてより素晴らしい
ものになります。
和紙の美しさを最大限に引き出せる、ちぎり絵は、日本が誇る自慢の芸術の一つである!

ちぎり絵の描き方の基本。


1. 和紙をちぎる

2. ちぎった和紙を糊で台紙に貼り、絵を作る


ちぎり絵を言葉にしてしまうとすごく簡単なイメージなのですが、奥は非常に深い。
だからこそ、描く人によって多種多様な作品が生まれるのです。

ちぎり絵は、どちらからといえば絵というより、工作に近いですね。筆やペンなどを使って
描く絵も、とっても楽しいのですが、指先をフルに活用して描く「ちぎり絵」は、子供の時の遊び心を思い出させてくれます。 そして描く人を童心に返らせてくれる不思議なものです。

ちぎり絵

ちぎり絵とは


絵の中で「ちぎり絵」と呼ばれるものがある。
文字通り細かく、ちぎった紙片を台紙に張り、一枚の絵に仕上げるもの。ちぎり絵は、幼稚園や
小学校の頃に大抵の人が、一度は経験したことがあるでしょう。

は、日本人の平均寿命の増加もあって「長い老後」の趣味として、多くの人に愛好されている。
絵の中でも特に、ちぎり絵は、紙を手で細かくちぎる際の指の動きが脳への活性化につながるとされ、
認知症の発症を防ぐ一助にさえなると期待されています。

ちぎり絵について、最近は詳しく説明している本、教材や、ちぎり絵を専門に教える講座まで
存在していますね。「絵心がないけど、ちぎり絵をやってみたい」という方は、是非、講座や教材、本などを試してみてはどうでしょう?

「絵」のコメントについて

「絵」に関するコメントは現在募集しておりません。

「絵」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは現在受け付けておりません。

「絵」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「知識王への道 無知と戦う知識王!」に関連するサイトでしたらOKです。