My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

和食、理想的なダイエットメニュー

和食、理想的なダイエットメニュー


世界中のダイエットを志す人々から、「和食」が注目されていますね。

なぜ和食がダイエットメニューとして優れているのか? 
まず、第一に挙げられるのは、脂肪が少ないからでしょう。

脂肪は、炭水化物に比べ同じ量になると、はるかに高カロリー。
和食の主食は、お馴染みの「ご飯」ですから、この脂肪が殆ど含まれていないです。

その一方、洋食の主食となるのはパン。
小麦粉の他に、バター、マーガリンなどが使われていますからね・・・

よって、同じ量を食べたとすれば、和食メニューが低カロリーであるのは歴然です。
まさに、ダイエットに適していますね。

第二点目は、食物繊維が多い。

ダイエットの大敵として便秘が挙げられるますよね。

なぜ便秘がダイエットの大敵か? それは、腸から毒素が吸収。それが全身に回る事により、
体の代謝機能が大幅に悪くなるのです。

で、便秘を解消してくれるすばらしいもの、食物繊維!!食物繊維は腸の働きを高め、便通を促進!
また食物繊維には、体内の余分な脂肪を排出するという効果もあるんですよ。

第三点目は、ミネラルが豊富に含まれている。

ミネラルは、体内の酵素を正常に働かせます。これが不足してしまうと代謝が低下、
「ダイエットしても痩せない体」になります。

和食の“汁物”などには特に、ミネラル豊富な海産物が多く使われることもあり、不足しがちな
ミネラルを補えます。

ダイエットメニューとしての和食を積極的に取り入れると、ダイエット成功の為にもなるんですよ。

ダイエットメニュー

ダイエットメニュー


ダイエット成功の為、まず必要になるのが食事のコントロール!

とはいっても、無理をした食事制限をする必要は全然ないですよ!!

ダイエットに適した“ダイエットメニュー”を考えれば済むことですから。

ダイエットメニュー組み立てのポイントは、ズバリ「低カロリー」!

砂糖や脂肪を極力控えるようにしますね。まぁ、当たり前ですよね。

ダイエットメニューを組む上で実は、もう一つの重要なポイントがあります。
それは、一日に必要なビタミン、ミネラルをしっかり摂取できるようなものにすることです。

ダイエット成功への道は、とにかく食事の量を減らせばいい! と、考えるの大間違いなのです。

過度の食事制限、偏った食事によってビタミンやミネラル不足が引き起こす、体の代謝の変化。
これらにより内臓が十分に機能しにくくなるなど、脂肪がうまく燃焼されず、反対に「やせにくい体」と、なるケースもあります。

こんなにふうになっては食事制限をする意味が分かりませんね。

きちんとしたダイエットメニューにより、無理なくダイエットをしてほしいです。

生活習慣病予防の内臓脂肪ダイエット

生活習慣病予防の内臓脂肪ダイエット


ダイエットを”痩せる”為ではなく、”健康”の為にやる人が近年、増えてきている。

肥満が、生活習慣病の原因と一つとされているからでもありますね。

でも、ダイエットをしスリムになったとしても、安心できるかと言えばそうではありませんよ。

なぜなら、皮下脂肪が落ちてだけの「スリム」では、内臓脂肪が溜まったままの場合があるから・・・・。

皮下脂肪とは読んで字のごとく、皮膚の下の脂肪層に溜まる脂肪です。
世間一般にダイエットとしてのターゲットは、この皮下脂肪を指すます。

内臓脂肪とは、内臓のまわりに溜まる脂肪です。

外見からはその存在が判明しづらい内装脂肪は、皮下脂肪と違いスリムな人でも、内臓まわりに
ベットリと脂肪が付いていたりします。

そして、生活習慣病と関係が深いとされるのは、皮下脂肪ではなく、内臓脂肪の方です。

では、“内臓脂肪ダイエット”は、どのようすればいいのでしょう?

実は、内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ燃焼させやすいのです!

だからといって、腹筋などを精力的に行なっても、筋肉は付くのですが(笑)、内臓脂肪は、
あまり落ちません。

内臓脂肪ダイエットに、効果が高いのは”有酸素運動”になります。

有酸素運動とは、酸素を効率的に使いながら、体脂肪を燃焼させる運動をいいます。
ウオーキング、ジョギング、水泳などが代表的ですね。

食事においては、普通のダイエットと何ら変わらず、カロリーを抑えつつ、同時に必要なビタミン
ミネラルタンパク質は、しっかり摂取するようにせねばなりません。

内臓脂肪とダイエットについて

内臓脂肪とダイエットについて


近年、注目されているもの中に、ダイエットと関連して“内臓脂肪”があげられます。

ダイエットに関心があれば“脂肪”といえば、真っ先に皮下脂肪を連想するのではないでしょうか。
内臓脂肪は、これらとは全く別なモノになります。

皮下脂肪とは、皮膚の下の脂肪層に溜まる脂肪。

内臓脂肪とは、内臓のまわりに溜まる脂肪。

かくれ肥満」という言葉を聞いた事がある方もいらっしゃるでしょう。
これは、体脂肪率が外見や体重の割に高いときに、使われる言葉ですね。
かくれ肥満の人にあるのが、内臓脂肪なのです!

内臓脂肪は、ぜんぜん、ダイエットの必要の無いスリムな人でも意外と多く溜まっているケースがあります。

この内臓脂肪、内臓の周囲に溜まるので、内臓の正常な働きが出来なくなり、内臓に大変、
大きな負担がかかってしまうのです。

実は、生活習慣病と関連が深いのモノの一つに、この内臓脂肪もあげられているのです。

健康維持の理由からも、内臓脂肪を燃焼させる事を目指した、ダイエット“内臓脂肪ダイエット”もよく聞かれるようになりましたね。

計画的ダイエットはカロリー計算で!

計画的ダイエットはカロリー計算で!


ダイエット成功させるには、必ず理解しておく重要なポイントというのがある。

それは・・・「人は、なぜ太るのか」、「人は、なぜ痩せるのか」の2点です。

答えは驚くほど簡単です。
摂取したカロリーが、消費したカロリーより多ければ体重は増え、少なければ体重は減る、それだけ。

だから、ダイエットに成功しようと思えば、食事のコントロールをし摂取カロリーを減らすか、運動などによって消費カロリーを増やすかのどちらか、しかないのです。 
もちろん、両方を行なう事が一番良いということは当然ですし効果も早いです。

ここで摂取カロリーのコントロールを行なうにあたって、必要になるのが、カロリー計算

いくら食事の量を減らしたとしても、カロリーが高ければ意味がないですよね。

確実にダイエットを成功しようと思えば、目標体重に決め、1日に摂取するカロリー量を
しっかりと計算し、計画的にダイエットを進めるしかありません。

カロリー計算

カロリー計算


カロリー計算、これはダイエットに欠かせませんよね。 この「カロリー」とは? 
一体ぜんたい何なのでしょうか?

栄養学において、「カロリー」とは、食物や運動の熱量の単位を表します。

このカロリーは、大きく二つに大別できる。

摂取カロリー」と「消費カロリー」。

摂取カロリーとは、食事をする事にって、体内に取り込んだエネルギー。

消費カロリーとは、基礎代謝(生命の維持)や運動により消費されるエネルギーのこと。

ダイエットにおけるカロリー計算では、主に、摂取カロリーに目が行きがちです。 
が、ダイエットを成功に導くにあたり、摂取カロリーと消費カロリーの両方に気を
配らなければ成功は、あり得ません。

カロリー過多、または過度な食事制限によって健康を害してしまう・・・という事を防ぐ為には、
この両方を正しく計算する事が非常に大切になります。

カロリー計算を正しく理解し、行うことにより、安全で確実なダイエットをしてくださいね。

ダイエット方法は慎重に!

ダイエット方法は慎重に!


ダイエット方法は若い女性のみならず、すべての女性の関心事として、必ず上位にあがりますね。

それゆえ、ダイエット関連商品は巨大市場を形成するまでに・・・・。
また、巷には数百とも数千ともいわれる「○○ダイエット」と、称するダイエットの方法が氾濫しておりますのは周知の事実ですね。

それら曰く、「塗るだけでやせる」「食べるだけでやせる」「飲むだけでやせる」「寝ている間にやせる」……などなど。

その一方で、高価なダイエット商品を購入しても全く効果がなかった!
いろいろな方法を試しても効果がなかった!という声は、よく耳にしますよね。

それはなぜだと思いますか?

理由は非常に簡単です。
それは、自分に合わないダイエット方法を選んでしまっているからにほかなりません。

「自分は、どうして太ってしまったの?」・・・・・ その理由は人によって違い様々・・・・。

したがってダイエットも、自分に合う方法を見つける事からがスタートなのです。

ダイエット方法

ダイエット方法


ダイエットの方法は大きく分ければ、運動食事のコントロールによるものがありますよね。

運動によるダイエット方法には、エアロビクス、ウオーキング、ストレッチなどがメジャーです。
それ以外にも特殊な運動器具を使う場合のものもありますね。

ダイエットのみならず、規則正しい運動習慣を身に付ければ、健康維持という点でもメリットが
非常に大きい。

食事のコントロールによるダイエットには、食事制限の方法が一般的。
あと、脂肪や炭水化物の燃焼効果を高めるものを摂取する方法などもある。

食事のコントロールによるダイエット方法には注意点があります。
それは、栄養が偏りやすくなるので健康を害してしまう恐れも出てくるという事を念頭におきましょう。

どちらの方法をとるにせよ、目標体重に合わせ、無理を決してせずに、自分に合った
ダイエット方法を探してみてください。

ダイエットは食品選びが大事

ダイエットは食品選びが大事


ダイエットと聞けば真っ先に思い浮かべてしまう“食事制限”・・・

まぁ・・・間違いではありませんね。でも、食事制限の前に、まず考えねばならない事があるんです。
それは、普段、食べている食品の見直しなんですね。

砂糖が、ふんだんに使われているもの・・・・
例えば、甘いお菓子や脂質の多いジャンクフードなどは、何はさておき、控えなければ
ならないものです。

スナック菓子の塩味にも注意が必要です。これには、食欲を増進させる働きがあるんです。
ということは、ダイエットの”敵”の一つですよ。

その一方で、ビタミンミネラルが不足する事により、
体の代謝が落ちてきたり、内臓機能が衰えてしまう、といった事も出てきます。 これでは、
せっかく食事制限をしたとしても逆に「やせにくい体」になるんですね。
こうなっては、ダイエットの意味なし!

ダイエットを成功させる為には

しっかりと食品選び
カロリーは抑える
ビタミン、ミネラルをちゃんと摂取

と、いうゆうのが大切になるんです。

ダイエット食品ブーム

ダイエット食品ブーム

ダイエットといえば・・・以前は“苦しい食事制限”と、いうイメージがつきまとったものでしたよね。
でも近年では“ダイエット食品”が数多く登場し、「食べながらやせる」と、いうスタイルが
一般的に定着しつつありますよね。

ダイエット食品とは何なのか。それは、原料の配合を工夫したり、特殊な食材を用いて、
通常の食品よりも大幅にカロリーをカットした加工食品を指します。

ダイエット食品の中には、単に低カロリーなだけではなく、脂肪や炭水化物の燃焼効率を
高める為の成分、便秘解消やデトックス効果を目的とした食物繊維を配合したモノなども
続々と製品化されてきてます。

もともとは、ダイエット食品は「低カロリー食品」として、肥満の人や糖尿病患者の
食餌療法のために作られたもの。 しかし現在は、いってみれば健康食品の一つとして、
若い女性たちを中心にブームとなっているのが現状ですね。

「ダイエット」のコメントについて

「ダイエット」に関するコメントは現在募集しておりません。

「ダイエット」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは現在受け付けておりません。

「ダイエット」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「知識王への道 無知と戦う知識王!」に関連するサイトでしたらOKです。